画像: 進化が止まらない!インテリアに合う仏壇/株式会社八木研

モダンでお洒落な現代仏壇のメーカー、株式会社八木研。その直営店となるギャラリーメモリア大阪梅田店、東京銀座店にて「2020年新商品内覧会」が1月下旬に行われました。脚付ですっきりとしたデザインの現代仏壇や北欧テイストのものなど、注目の新商品をご紹介します。

月明かりの夜空をイメージ
絶妙なブルーブラックの仏壇

はじめに紹介するのは、現代仏壇「ネージュ」。ブルーブラック色をまとい、月明かりの夜空がイメージされています。ホワイトオークの無垢材を削り出した波模様の扉は、陰影を描き、柔らかな印象に。

「ネージュ」はフランス語で、“雪”の意味。背板には、雪の結晶をモチーフにした金色の透かし模様をあしらい、本尊スペースに後光が差しているかのような神秘的な雰囲気になっています。

すっきりとした佇まいは脚付だからこそ。床との接地面の間に空間ができ、お掃除がお手軽なのも嬉しいポイントです。

北欧テイストの脚付デザイン
木の温もりと高級感のある輝き

北欧テイストで、脚付のモダンデザインとして発表された「エール」は、木の温もりを感じさせてくれます。

木材の色と白の組み合わせが、軽やかでお洒落さを演出。また、仏壇内部の白い部分には、ハイグロスシートという素材を採用しています。汚れや摩擦にも強く、鏡面塗装のような高級感のある光沢を放ちます。

デザインに妥協せず、素材や設計を徹底的に考えて、できる限りコストを抑えて作られました。シンプルなデザインだからこそ、高い精度の技術が光ります。

全国各地にあるギャラリーメモリアでは、お洒落なイタリア製のものやモダンな壁掛けタイプのものなど、約200種類のラインナップが揃い、知識豊富な販売員の方が、あなたに合った祈りの場をコーディネートしてくれます。ぜひ足を運んでみてくださいね。

This article is a sponsored article by
''.