新しいことを始めるには、賛否様々な意見にぶち当たることもあるだろう。遺された家族が一歩踏み出せるようにという思いから、どんなに壁にぶち当たっても、商品発案から起業までを実現した株式会社リベルテの山路さん。それを支援した株式会社フェリシモ東北事務所の小島さんのお二人に、これまでの道のりを聞いてみました。

できるわけがないって言われ、
だったらやってやる!と。

画像: できるわけがないって言われ、 だったらやってやる!と。

Le Lien(以下、ル・リアン)は、プリザーブド加工の花飾りとオリーブの苗木のセットで“結びのセレモニー”を行う、新しい供養のスタイル。“結びのセレモニー”で結ばれたオリーブの木と共に暮らし、語りかけることで、残された方が未来へと歩いていけるようにと作られました。その発案者である株式会社リベルテの山路さんと、商品化を支援した株式会社フェリシモ東北事務所の児島さんにインタビュー。

――山路さんは、ル・リアンを開発されたことがきっかけで、2019年5月に起業されたんですね。

山路 2017年1月に仙台商工会議所とフェリシモの東北事務所さんが 、タイアップした商品開発ワンポイントセミナーを受けたことが始まりです。結婚と出産をしてからも子どもの面倒をみながら働いていたんですが、主人の転勤で誰も知らない町へ引っ越すことや主人の仕事の都合でワンオペ育児の状況で、当時はとにかく大変でした。

ようやく子どもが高校生になった時に、今度は子どもが私を必要としなくて! 最初はショックを受けたんです(笑)。でも子育てには成功したんだ、ここから先は自分がやりたいことを苦労してでもやっていきたい!と思いまして、ある起業支援のセミナーに出て、企画をボンボン出したら、できるわけがないと言われたんです。私、できるわけがないって言葉がすごく嫌いでして。

児島 負けん気が強いですからね(笑)。

山路 できるわけがないって言われた瞬間に、だったらやってやる!と(笑)。それで、仙台商工会議所とフェリシモ東北事務所さんがタイアップした商品企画アカデミー (*)を受けたんです。
(*3ヶ月間全9回の商品企画の支援セミナー)

その企画に命をかけられるか?

画像: その企画に命をかけられるか?

――その時すでにル・リアンの構想があったんでしょうか?

山路 その当時はなかったですね。最初は児島さんに絞られながらでしたけど、アカデミーの中間発表で、それまで検討していたことと違う、ル・リアンの原型となる企画を発表しました。児島さんのセミナーで、「誰のために、何をしてあげたいか。そこを深く掘り下げないといけない」っていう言葉を聞く中で、思い当たったことがあったんです。

私、2016年の夏の終わりに不慮の事故で友人を亡くしまして。近しい人間だったので、荼毘に付すまでずっと付き添いましたが、お葬式は決まったことを流れでやっているように感じて。小学校低学年のお子さんもすごく泣いていて、この先、お子さんが亡くなったお父さんのことをどう受け止めて生きていくのかをずっと考えて、お葬式が終わった後も私はひきずっていました。

児島さんの言葉で、その時のことを思い出して、亡くなった友人に対してはもう何もできないけれど、残された人のためには何かできるんじゃないかと。それで中間発表で残された方に寄り添うアイテムに内容を変えました。

児島 僕からは、「山路さんのこれからの大切な時間を使って、それに関わる人の時間も使って生み出すのに、どういうことなら命をかけられるのか」と問いました。だったら、「私はあのことだ」と、そこからグンと方向性がよくなりましたね。

亡くなった父の写真に
話しかけることで前に進めた

画像: 亡くなった父の写真に 話しかけることで前に進めた

児島 僕は小2の時に親父が亡くなって、母が女手一つで育ててくれたんです。家族は半年以上経っても、まだ進めていないっていう山路さんの話が自分の人生と重なって、僕も小3、4ぐらいの頃は寂しかったし、誰にも見られないように、父の写真に向かって話しかけて泣いていたり。その後も自分が岐路に立っている時は、父の写真に話しかけていました。

だから、残された家族が何かに話しかけるシーンが僕にはものすごくリアルで。最初は棺桶にも入れられる木の指輪を提案されていたんですけど、話しかける対象が身近にあるといいし、話しかける対象に命が宿っている方が想いを重ねられるので、加工物より植物がいいかもとアドバイスをして、それがル・リアンの原型になりました。

――それは、2017年の1月にセミナーを受けてから、どのぐらいの時期ですか?
山路 2017年の3月ですね。3ヶ月間のプログラムでした。

――そんな短期間だったんですね。
山路 中間発表が木の指輪で、最終発表がル・リアンの形でした。ただ、その時は植物をユーカリで考えていたんです。植物の専門家に聞いたところ、ユーカリは育てるのが難しいと言われまして。長く一緒にいられることを考えると、寿命が長くて、育てることが楽な植物だろうと探しまして、オリーブになりました。

――その後、ル・リアンが商品化していくのは、どういう流れだったんでしょうか?

児島 2018年の3月ぐらいに、ル・リアンの商品の原型完成と並行して、フェリシモの企業支援の話が同時に決まったんですよ。フェリシモは東日本大震災以降、お客様から毎月100円義援金をいただいていて、義援金の使い道として、東北の女性に絞った企業支援のとうほくIPPOプログラムということをやっているんです。

僕が東北現地の担当で、上限300万円の返済義務はないものがありますよ、という話をして、応募したいってことで、事業プランを練って進んできましたね。収支を組み立てるところもアドバイスをしながら、山路さんへの支援が決まったんです。それで、起業しますと。

業界を知らないからこそ
挑戦できることがある

画像: エンディング産業展2019に出展した際のブースの様子

エンディング産業展2019に出展した際のブースの様子

――フェリシモさんは神戸の会社ですけど、東北に事務所ができたのは、どういう縁だったんですか?

児島 東日本大震災の時、最初は僕が個人で、2011年4月末にスコップ持って、東北にボランティアに行っていたんです。その夏には、会社で東北を応援するカタログ作り企画ができて、それに手をあげて、被災したお母さん達との物作りを最初の5年間は出張ベースでやっていました。

5年たった時に、企画は売り上げを作っていく大事な部分なので、僕らが企画していたら未来はない、僕らはノウハウを教えて、東北の皆さんが自分で企画していくべきじゃないかと。これをやるには出張ではできないと会社に進言しまして、2016年の3月に仙台に引っ越し、「Startline」というプロジェクトを立ち上げました。

その思いに最初に共感してくれたのが仙台商工会議所。仙台市とスクラムを組んで、2016年の年末に最初の合同セミナーを行いまして、山路さんはその2期生ですね。

――その熱意があるからこそ、「命をかけて」という言葉を言える方なんだなと思いました。お二人にとって、ル・リアンが完成するまでに忘れられない出来事はありますか?

児島 商品の動画ができ上がった時と、エンディング産業展に出店した時ですね。それまでは自分達で電話営業をして、亀のような歩みでした。有名な葬儀社さんに行っても、「最近の葬儀ってドライで、故人様の残ったものは全部処分っていう人が多いですよ」って言われたり。

僕らが向き合いたいご遺族、何かに話しかけて生きてきたとか、そういう人との出会いがあまりなかったんです。そんな状況の中、エンディング産業展では、半年かけて営業していた時の何倍もの方に出会えて、可能性もグンと広がり、具体化したりしました。

山路 私は知人を介して、50人くらいの一般の方の前でプレゼンテーションをさせていただいたことがあったんですが、こういう思いを持って、こういう商品ができましたという説明をしたんですけど、奇譚のないご意見をって言ったら、もう散々で(笑)。

仏教の日本でこういう商品は受け入れられないとか、あなたが何を言っているのかさっぱりわからないとかというご意見もいただきました。日本の古くからのしきたりっていうフレーズが何度も飛び出しましたが、そこを否定するつもりは全くなくて、違う選択肢をご用意したいという思いをその場でもお伝えしました。

私は業界のことを何も知らなかったので、全く知らないからこそできることってあるような気がしているんです。

――エンディング産業展での山路さんの熱い思いはすごく伝わってきて、この取材につながりました。では、今年5月に販売を開始して、現在の状況はいかがでしょうか?

児島 まだまだこれから、葬儀社さんや終活関連の企業さん達との連携を広げて、多くの人に知ってほしいなっていうステップですね。

――今後はどういった展開をお考えでしょうか?

山路 今の商品は2種類ですけど、デザインを増やしていきたいですし、家族同様、大切にされているペットのお見送りの商品も開発してみたいですね。キリスト教専門の葬儀社さんからは、キリスト教ではオリーブがとても大切な存在なので興味を持ってもらえました。たくさんの人に使っていただけるよう、より手の届きやすい価格帯での商品も作っていきたいと思っています。

ル・リアンのオンラインショップ

フェリシモの「もっと、ずっと、きっと」

This article is a sponsored article by
''.